同伴登校のその後

相変わらず、息子を毎日送る日々。しかもいつも校門で待っててくれる1番の仲良しと、トラブル発生。 「Aくんに、「 …