生活発表会

土曜日は、こどもたちの生活発表会でした。

年長さんの息子にとっては最後の発表会。演目も多く、練習も大変そうでした。運動会と違い、泣いて行きたくない!という日はありませんでしたが、それに近い日は何度もあり、やっと本番を迎えられました。

どれも大役が与えられているわけでもありませんが、本人なりに一生懸命やりきることができたようです。

母としては、当日まではとにかく「楽しみ!」と思っていましたが、終えてみると安堵感が大きいです。

わが子以外でも、1歳から知っている子も多く、その成長ぶりを見ながら、先生と一緒にウルウルです。

これから、大きくなるにつれてこういうイベントも重みを増してくると思うと、自分の仕事、息子、娘と3人分の緊張と安堵を私は味わうのかあ。と、しみじみ。

とはいえ、出来ることは限られています。しっかりと彼らを見て、振り返った時に受け止めてあげられるようにしていたいと思います。

投稿者: 石原空子

主人、5歳の息子、3歳の娘と暮らす。一般社団法人じゅうmado岡崎、NPO法人暮らしの教育機構で子育て支援や暮らしの相談対応を行う。趣味は、絵本を読むこと、自然の中で遊ぶこと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。