イベントを通じて伝えたかったんだ!っていまさら気づいたこと。

4月28日に第二回絵本の世界を体験しよう!イベントを開催しました。

今回は前回と違い、助成金もいただかず予算のない状態での開催。一番違うのはチラシの製作と新聞折込費がかけられないため、私が自分でチラシ製作し、インターネットの安い印刷屋さんで刷りました。また、保育園での配布も岡崎市におねがいに伺いましたが、参加費がかかるイベントということでNG。

一体どうなる…??と思った時期もありましたが、予約日当日は前回と同様電話が鳴り続け午前中で、ぐりとぐらのパンケーキづくりは予約いっぱいに。もう、安堵しかなかったです。

その後も、SNSの活用でなんとか他のワークショップも前回と同じぐらいの予約状況に。協力してくださるハウズさんにもご迷惑をおかけしない予約状況になり、一安心。そして迎えた当日!

各ワークショップはたくさんの子どもたちの笑顔があり、それを見るママたちも嬉しそう。本当に良かったです!!

ワークショップ以外にも、ハウズさんテント下には美味しいソーセージ、ハンバーグ、ドーナツにコーヒーもあり、音楽を演奏してくださる方までやってきて本当に穏やかないい時間が流れていました。

りんご箱図書館も前回同様にたくさんの親子がゆったりと楽しんでくださいました。

ご参加いただいたみなさん、そしていつも寄贈を通じて「りんご箱文庫」を応援してくださるみなさま、本当にありがとうございます!
第三回も開催できるよう、頑張りたいと思います。

また、今回開催してみて感じたのは、ワークショップを通じて子どもたちは「力を合わせてつくる楽しみ」を感じているんだな。ってこと。次回は、その辺りをフォーカスして子どもたちや、子を持つ親御さんにメッセージを伝えていけたらな。と思うのです。

自分の中でまだ漠然としていて上手く言葉が出てきませんが、私が子どもたちに伝えていきたいものとは…「自ら道を切り開いていく力」
そのために必要なのが、子供の頃に愛されたという記憶(自己肯定感)や自分の頭で考え自分の手でつくりだす喜びのような気がしています。そのために、親子で読む絵本や工作、自然体験を多くの親子に体験してもらいたいと思っています。今回のイベントは、なんとなくその辺りの世界観?が垣間見れたように感じています。まだまだ、自己満足の域を出ていませんが、焦らず少しづつ伝えていきたいと思います。

そんなわけで、片付けて帰宅後に飲んだハイボールの美味しかったことと言ったらありません!この一杯のためにもがんばります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中