こどものいる家庭の災害対策

先日、みんなの学校で防災座談会を開催しました。

残念ながら、参加者は少なかったですがとても有意義な時間を過ごす事ができました。震災って、起きてみないとどうなるか分からない。私も、この講座を企画するまでなにも知りませんでした。

先ずは情報収集をと思って行った市の防災課で言われた「避難所は開きますが、備蓄品も必ずしも十分ではなく、出来るだけ自宅で過ごしていただきたい」というお話が結構衝撃でした。

しかし、今回ゲストとしてお呼びした福島で3.11を体験された小松さんからも同じご意見が。「特に、小さいお子さんがいる子は他人様と同じスペースはなかなか大変」とのこと。言われてみればそうだなあ。と。そして、助かったのは、地域の人が顔見知りで声をかけ会えたこと、井戸水をいただけたこと、備蓄米と水。

うーん、うちには米以外ない!改めて危機感を感じました。キャンプグッズが活躍出来そうなのでそれだけが頼みの綱です。

とくに、地域でのつながり。私は自分が育った実家に住んでいますが、それでも世代が変わっており、昼間は留守の私は周りは知らない人ばかり。もっと、町内行事とか意識しなきゃなあ。。。というか、町内会ってそういう時のためにあるもの?!その辺りの認識を新たにしたのでした。

しかし、安心できたことも。家、職場、保育園、親戚宅が全て徒歩圏内にあること。こども達に、「お母さんが絶対に迎えに行くから」と言ってあげられること。しかし、パパは職場が遠く帰宅困難間違いなし。しばらく、一人で頑張らねばなりません。

もちろん、起きないのが一番!の天災ですが、「こどもたちを守るために」知っておく、やっておくのは親として義務のように感じます。

広告

ねぶくろシネマにかける想い

岡崎製材がスポンサーとなり、「ねぶくろシネマ」やります!

なぜ、スポンサーをするか、そして私が準備に奮闘するかというと
岡崎製材は今年で創業100周年!せっかくの記念なのでなにかやろう!と考えた時に、市民のみなさまに家族と過ごす特別な夜をプレゼントしてはどうか?という話になりました。100年前も100年先も変わらないもの。それはきっと、人と人との繋がり。そんなことをみんなが感じられ、そしてこれから未来を作っていく子どもたちの記憶の中に家族との素敵な思い出として残るような企画にしよう!そんな思いがあるからです。

沢山の人とスクリーンを見られるのを楽しみにしています。

10月28日(土)17:30~19:10
場所:籠田公園
上映映画:ベイブ
持ち物:レジャーシートや椅子など
※かなり冷え込みが予想されます。暖かい格好でいらして下さい。

岡崎市主催の MeguruQuruwa というイベントの1つとして行います。籠田公園で、昼間行われるのは、DIYのマーケットと、こだわり食材の販売。夜は、映画の他にカレー屋さんやラーメン屋さん、コーヒー屋さんの出店が予定されています。
現在、お仕事として準備にかかわらせて頂いてますが、一市民としてめっちゃ楽しみ!!準備は結構ヘビーですが、その分当日は誰よりも楽しんでやろう!と画策しています。

【私のプラン】
おそらく、子供たちがまず食いつくのは「ダウンヒルダービー」すでに家にある愛車を持参で、朝から楽しむでしょう。その後、私の希望は子どもたちとガーランドとカホンをつくる。(りんご箱文庫の店番しながら)で、人が集まってきたらその場の雰囲気で読み聞かせとかする。
お昼ごはんは石窯ピザを食べて、スキあらば連尺通りをのぞきに行く。子どもたちは、かっこいい回遊バスに乗りたいそうですが、私は持ち場を離れられないのでパパにお任せするけれど、りぶらでやる「ちいさいおうち」さんのやる絵本作家間瀬なおたかさんのよみきかせをおすすめしよう。(13:30~)で、彼らが戻ってきたら、ゲイラカイトでもかって公園で飛ばす。それでなんとか16:00-17:00の撤収は耐えてもらおう。
そして、いよいよねぶくろシネマ。17:30を目指して焚き火をはじめて、ポップコーンやマシュマロを焚き火で楽しみつつ、上映!寒いから、(一応勤務中だし)ビールはやめて、ラーメンからの温かいコーヒーを飲む。

今のところ、そんな一日を計画中。想像するだけで楽しみ♪そんなわけで、準備も頑張ります!!

子どもたちも、はりきってCMしております。

 

ねぶくろシネマ

10月28日19時30分から、籠田公園にて「ねぶくろシネマ」やります!

なんと、無料でベイブが見られます。私は、絶賛準備に奔走中です。今日も、打ち合わせ。


しかし、夕方のためブロックを持ち込み子ども同伴。

打ち合わせが終わると「速やかにお帰り下さい。」と言われてしまいました。笑

詳しくはフェイスブックイベントページへhttps://www.facebook.com/events/190265348183020/?ti=icl

ねぶくろシネマは、MEGURU QURUWA という岡崎市主催イベントの1つとして行なわれます。シネマがはじまるまでの昼間は、DIYワークショップをお楽しみいただけます!

知らせるって大変だ!

今日は、久しぶりに「ごめん。お母さん、お仕事終わってないから一緒に寝れない。」という日でした。
パパの帰りが早かったこともあり、お風呂と寝かしつけをお願いして私は仕事。

10月、11月のイベントに向けて広報活動が山場です。

チラシのチェック、小冊子の校了、HPの作成、チラシの原稿案作成…

さらに、週末に控えた運動会!父母の会役員のためいろいろと準備が。。そんなわけで頭から湯気が出そうです。

ま、ひとつひとつやっていくしかないね!

イベントは、やるだけなら意外と簡単だと思う。もちろん、準備やら色々あるけれど、それでもまあなんとかなる!いつも一番大変だと思うのは集客。お客さんに来てもらうことだと思うんです。

最近、役所の方や市民活動団体の方ともいろいろとイベントを一緒にやらせていただいて感じるのは、目的がちがうんだなあ。ということ。それぞれいろんな思いや考え方があるけれど、私はたくさんの人に来ていただいて、多くの方に、楽しかった!また来たい!と言ってもらうのが目的。そして、それを続けるためにはあまり赤字じゃ続けられない。そう思っています。

だから、多くの人に開催や、それに至る思いを伝えるのはかなり重要ポイント!そんなわけで、、仕事が増えていく…

IMG_4294

よせばいいのに、直しをいっぱい入れてみたり。

IMG_4300

よせばいいのに特設HP作ってみたり。でも、楽しいんです!どうやったらお客さんが来るのか?思いが伝わるのか?と考えることって。

そんなわけで、もうすぐ「みんなの学校」VOL.7発行します!

10月21日(土)みんなのおとがわ、28日(土)めぐるQURUWA内でねぶくろシネマ、11月12月絵本の世界を体験しよう!、11月18日(土)ファーマーズマーケット出店

などなど、イベントにたくさん参加したり主催したりいたします。詳細をお知らせするための諸々を頑張って準備中です!ご期待下さい!。そして、ぜひぜひご参加下さい。

ひとつひとつのイベントへの想いは、また順番に書いていきたいと思います。

参加者にならなきゃ企画者にはなれない

先日参加した、『SUBARU星空ツアー』

息子が、最近宇宙にハマってるということで、教えていただいたツアーに応募!見事に当選し、「日本で一番きれいな星空」という阿智村のヘブンスそのはらへ!

若いころ、スキーに来て以来です。



子どもたちは、夜というだけでワクワク!

ロープウェイで山頂に上がり、満天の星空を見上げます。気温10℃。かなり寒いです!


天体望遠鏡で、月を見たり、寝転びながらガイドの方のお話を聞いたり。星に大して興味のない私でも楽しめました。笑。

でも、寒かったーーー!

10月末に私が企画している、路上映画祭。これは、もっと暖をとる対策しなきゃな!とふと、思いつきました。

その他にも、SUBARUのマークの由来は、スバルという星だそうで、創業の想いとその星の話をロープウェイの中で動画が流れるという仕掛けがあり、これまた、さしてSUBARUファンでもない私でも、なんだか素敵な想い!とちょっとファンに…こんなのも、どこかで真似出来ないかなあと思ったり。

そんな具合で、とても素敵な企画であり、私も一企画人として参考になるものでした。やっぱり、参加者になりその気持ちを味わうことなくして、企画側にはなれません。

さあ、10月、11月の企画イベント頑張りまーす。

自然になる

今日は、みんなの学校のイベントでした。

「岡崎の名水めぐり」市内にある、日本一の名水までみんなで歩き、水を飲みお弁当を食べるという企画。

今回は、コーヒーも淹れて、差し入れのおやつまでいただきました。


道中は、山の幸のアケビや栗があり、子どもよりも大人が興奮??



参加者の感想は

「普段はスタスタ歩いているけど、今日は色んなものが目に入り楽しかった。」

「自然の中で食べたお弁当とおやつが美味しかった。すごくのんびりできていい時間だった」

そんな感想でした。子どものペースでゆったり歩き、のんびり食べるといつもとは違うものが見えますね。

大人も子どもも忙しい現代。でも、もっとゆったり、もっと自然に生きれたら、きっとみんな幸せになれる。

そんな事を確信する1日になりました。

イエタテへの寄稿

住宅取得希望者向けの「イエタテ」に、毎月?コラムを寄稿しています。もう1年以上になるでしょうか。懲りずにお声がけいただき、かつお付き合いいただける編集の方に感謝感謝です。

出会いは確か…木の家についての取材だったはず。そこから話が広がり、WEBコラムの連載へとつながっていったんだったかな。私の在籍しているのがNPO法人や一般社団法人ということで、企業のように営利目的ではないというのが読んでいただける方にも安心感を持っていただけるようです。

今は、本当にいろんな情報が簡単に手に入ります。だから、いつもコラムで書いているのはコピペの情報ではなく、私が感じていること。つまり「主観」が結構はいっています。だからもしかしたら、読む人によってはそれは違うんじゃないか!!という人もいるかもしれない。まあ、それは仕方がない。でも、WEBを見れば分かるような情報や、学術的な情報、施工技術に関する情報なんかは、別に私が書かなくてもいいと思うんです。これまで、相談者の方に受けてきた質問や、時には「こうしとけばよかった」そういう声を書くことが、私にしかできないことかな。と思って書いています。

だから、実は毎回クレームとか来ないか!?ってちょっとだけヒヤヒヤしています。でも、それを恐れていたらきっと他の人と同じことしかできないもんね。覚悟を決めて、書くことで、求める誰かの助けになっていたら嬉しいです。

さあ、次号も頑張って書きます!

というわけで、雑誌になった記事はコチラです。

20170928091547-0001

 

 

親以外の大人とのふれあい

昨年から、ご縁があり協力させていただいている「おとがワンダーランド!」に関するメンバーにて乙川ナイトクルーズへ!

目的は、どんどん下っていくとどんな暗闇が待っていて、どんな星空が見られるんだろう?魅力的だったら、一般の方向けにツアーもできるかもね。という、そんなまさに実験&冒険ツアー。

夜19:00に船着き場に集合し、大人も子供も入り乱れ、2艘に分かれて出発しました!ちょっと遅めですが、ご飯もお風呂もすませて子どもたちも一緒にさあ出発!

img_4074

川から眺めていると、岡崎の小さな夜景もなかなかやるなあ。殿橋もライトアップされなかなかきれいです。

img_4087

そして、いままで知らなかった街のディープな世界へどんどんと川を下っていきます。途中、とっても低い潜水橋があります。ここは、みんなで頭を下げてくぐります!子どもたちはこのスリルに大興奮!

さらに、進むと鷺がいっぱい!昼間見ている鷺たちは、夜はここで休んでいたのね!という自然界の夜の世界を垣間見ることができました。そしてさらにずんずん行くと…

img_4088

先程の夜景の場所とは全く違う暗闇がありました。

この日は生憎、雲が多くて目的の星はあまり見えませんでしたが、詳しい方に

「あれが彦星、あれが織姫、本当はここに天の川があるんだけどなあ…」

というお話も聞くことができ、さらにあれは人工衛星!!とはじめて意識して人工衛星を見ることができました。最近宇宙にハマっている息子は

「気象衛星ひまわりか、ハップルか、もしかして国際宇宙ステーションかなあ。」

と、本で見る知識と今目の当たりにしている現実世界を結びつけて楽しんでいました。私はまったく宇宙の知識には疎いので、こうして詳しい人と話をさせる機会を作ることで、彼の興味を深めてあげられたらと思っています。以前の記事では、精神的な支えの部分で親以外の大人が関わる必要性を書きましたが、知識の部分でもやっぱり、子育てにはたくさんの大人が必要です。船までの道中も、同じ年頃の友達とそのお父さんお母さんに遊んでもらう息子と娘。とても良い夜になりました。

今回船を出してくださったツツイエンターテイメントさんは、桜の季節や夏の花火の季節にも船を出されています。このナイトクルーズも、何らかの形でみなさんに岡崎の新しい魅力を感じていただけるツアーとして実現できたらいいなあ。

たくさんの子どもたちが、たくさんの大人とふれあう場所を作っていきたいと思います。

本屋さんが減っている

昨日の新聞紙面で見つけた記事。


全国的に町の本屋さんが減っているというニュースです。なんとなくさみしいなあ。と思うものの、私もアマゾンプライム会員ですし、経済的に、たくさんの絵本を定価で買うのは難しいと感じてりんご箱文庫の活動をしているので複雑な心境ではあります。

それでも、この記事の最後にあるように「街の書店は、子どもが活字文化の魅力に接する場であり、ネットが苦手な人の情報格差を埋める機能もある。」というのは凄く共感。目的の本を探す時は、アマゾンの検索が便利ですが、なんとなくブラブラする楽しみはアマゾンより断然本屋さんです。

また、絵本は、子供たちと表紙を見ては読んで、という調子でお気に入りを探すのは、私にとっては一番の楽しみです。ネットの本屋さんでは出来ません。

そんな、親子の憩いの場にも本屋さんはなり得るなあ。と考えていました。厳しい社会背景はあると思いますが、ネットの本屋さんに出来ない事が、街の本屋さんには絶対にあると思います。

だから頑張ってほしいなあ。。

また、私の行っているりんご箱文庫も親子が本に親しむきっかけになってくれたらという思いは同じです。高いからと、遠ざかってしまうのでなく手軽に手に届く価格であることでより多くの本に親しみ楽しみを知ってくれたらうれしいです。そこで本をよむ楽しみを知り、他の絵本や大きくなったら児童書に進んでくれたら。そうすれば、街の本屋さんの継続にも貢献できるかなあ。そんなことも考えていました。

そして、私も「りんご箱文庫」という小さな小さな本屋さんとして、みなさんに喜ばれる工夫をしていきたいと思ったのでした。そんなわけで少し売り場を拡張し手にとりやすいよう絵本棚を置いてみました。将来的にはもっと壮大なプランを描いていますがちょっとずつです。頑張ります。

78ac2617-a688-4b3e-aa2d-58a3b2bf90d3

また、こうして売り場を充実できるのも協力いただける方々と、なにより寄贈いただいたみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。