こどものいる家庭の災害対策

先日、みんなの学校で防災座談会を開催しました。

残念ながら、参加者は少なかったですがとても有意義な時間を過ごす事ができました。震災って、起きてみないとどうなるか分からない。私も、この講座を企画するまでなにも知りませんでした。

先ずは情報収集をと思って行った市の防災課で言われた「避難所は開きますが、備蓄品も必ずしも十分ではなく、出来るだけ自宅で過ごしていただきたい」というお話が結構衝撃でした。

しかし、今回ゲストとしてお呼びした福島で3.11を体験された小松さんからも同じご意見が。「特に、小さいお子さんがいる子は他人様と同じスペースはなかなか大変」とのこと。言われてみればそうだなあ。と。そして、助かったのは、地域の人が顔見知りで声をかけ会えたこと、井戸水をいただけたこと、備蓄米と水。

うーん、うちには米以外ない!改めて危機感を感じました。キャンプグッズが活躍出来そうなのでそれだけが頼みの綱です。

とくに、地域でのつながり。私は自分が育った実家に住んでいますが、それでも世代が変わっており、昼間は留守の私は周りは知らない人ばかり。もっと、町内行事とか意識しなきゃなあ。。。というか、町内会ってそういう時のためにあるもの?!その辺りの認識を新たにしたのでした。

しかし、安心できたことも。家、職場、保育園、親戚宅が全て徒歩圏内にあること。こども達に、「お母さんが絶対に迎えに行くから」と言ってあげられること。しかし、パパは職場が遠く帰宅困難間違いなし。しばらく、一人で頑張らねばなりません。

もちろん、起きないのが一番!の天災ですが、「こどもたちを守るために」知っておく、やっておくのは親として義務のように感じます。

広告

みんなのおとがわ【雨天中止となりました】

週末に、私の所属するNPO法人暮らしの教育機関も協力して、岡崎市の行う「おとがワ!ンダーランド」の一つのプログラムとして「みんなのおとがわ」を行います。

日時:10月21日(土)13:00-20:00

場所:おとがワ!ンダーランド会場(乙川河川敷)

プログラム:自転車教室、トレーラー自転車体験、焚き火で飯盒炊爨、竹水鉄砲体験、星空観望

を予定しています。


この「みんなのおとがわ」には、この街へのこんな想いを込めています。

『健常者も障害者も社会の中で自分の個性を生かし活躍できること。親の貧富に関係なく学べる社会であること。だれもが、自分に誇りをもって生きられること。子どもたちが活躍する頃には、そんな社会にしたい。その想いに賛同するメンバーで「みんなのおとがわ」は作られています。配慮するあまり狭くなってしまった「普通」の枠を壊していくパワフルな大人と子供が意見を出し合いながら、それぞれの持ち味を活かし「おとがわ」を舞台にみんなで楽しむ仕掛けを作っていきます。そんな風に子どもたちと一緒にこれからの社会を考えていきたいと思います。親とは違う大人に触れることは、子供の枠を大きく広げます。そして、他人の子を見ることは、自分の子を見る目を広げてくれます。親子でぜひご参加下さい。』

私も一人の親として、自分の子に障害のある子どもたちから色んなことを学んで欲しいと思っています。そして、大人になった時にお互いに支え合っていけるようにと。日本の学校教育は、まだまだ共に学ぶ状況にはありません。しかし、社会に出れば同じ場所で生きていけるのが自然なこと。だから、こういう場をつくり、まずはお互いを知ることから始めてほしいのです。

また、いつも感じる「私たち以外の大人との触れ合い」の場にもここはなっています。

そんなわけで、こんなイベントを企画させていただきました!面白い大人がいっぱいいます!とっても気さくなメンバーですので、気兼ねなく遊びに来て下さいね。

ホームページはこちら  https://peraichi.com/landing_pages/view/nbmfc

お祭り

今月はお祭り三昧。

親戚の小学生チームに混ざり、法被を着てお神輿を担いだり


おばあちゃん家に行って、地域のお祭りで店番をしたり


勢いあまって、ジュース早飲みレースに出場したり


楽しいことばかり。

お祭りって、稲刈りが終わる頃に収穫祭と神さまへの感謝を込めて行うのが本来でしょうが、今となっては、数少ない地域の人が顔を合わせる機会になりましたね。それはそれで、すごく意味のあることだと思います。

来年は、この二つにさらに小学校の子供会のお神輿がありそう。楽しいけれど、結構ハードスケジュール。でもまた、新たなコミュニティに属せるのは少し楽しみです。

お手伝い

「お手伝いやってあげるー!」の言葉に、まだ素直に喜べない年ごろです。笑

特に3歳の娘は、ややお手伝いブーム気味。さらに、それに兄も付いてくる…。

卵を割る、玉ねぎの皮を剥くぐらいはお任せできるようになりましたが、包丁はまだドキドキ。生の食材はそのまま口に行きそうで心配。やる気はありがたいものの、間違いなく時間が倍、必要です。

しかし、今日新たな技を身につけました。


テーブルを拭く。

昼間、床を拭いていたら、興味を持ったのでお任せしたところ、夕方は自らテーブルを拭いてくれました。

「綺麗になった?」と言うので、もちろんベタ褒め!

任せられる仕事が増えて助かります。いろんな意味で。

面倒だからと、やらせなければやれるようにはなりません。休みの日などを利用してちょっとずつ彼らのスキルアップをお手伝いしたいと思います。

会社の部下育成とまったく同じで、教えるのは面倒ですが、育ってくれれば楽になる。

でも、ついつい出来るようになると、感謝と「褒める」を忘れて、ミスを指摘してしまうので、そこはいつまでも「褒める」を優先してあげなくては。と。今日の初心を忘れないようにしなくては。

ことばの発達2

「なるべくたくさんの言葉を浴びせたほうが、発達にはいい。」

なんとなく、その程度の知識はみなさん聞いたことがあるとは思いますが、そもそもいつどんな言葉をはなしたらいいんだ?と、私は思っていました。子供を抱っこしながら、話もしない子に、一人で「ちょうちょだねー。」と言っていることに少し虚しささえ感じていたような…笑

昨日の研修で、そんな私がもう一つ私がなるほど!と思ったこと。それは

名詞と動詞をつなげた2文語でその状況を表現してあげるといい。

というお話。犬がいたら、「いぬ」と言えば、そうかあれは犬というんだ!ということを10ヶ月ぐらいから理解はし始めるそうです。その頃からは、「犬が来るね。」「犬がいるね。」「犬が行っちゃったね。」とその言葉からさらに、状況を示すような言葉に広げていってあげると、単語からやがて2文語を話すことに広がっていきやすいそうです。身近に起きている体験を、言葉にしてあげることが、ことばの習得にはとても効果的だそう。

別に、早くから言葉が話せることがいいこと。とか、優秀である。ということは全然ないと思いますが、

1歳半ぐらいから2歳の、いろいろ自我は芽生え始めているんだけど、その思いが上手く伝えられなくて癇癪を起こす→お母さんもストレスが溜まる。

という状況は、意思疎通が図れることで本人も伝えられない!というストレスから開放されて楽になるし、お母さんもわが子の伝えたいことがわかり楽になるということがある気もします。今は、ベビーサインなどもあり、言葉だけが伝える手段ではありませんが、「ことば」ってやっぱり便利な道具なので上手に使えるといいですよね。

よく、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子のが言葉は早い。と言われますが、うちも、上の男の子より圧倒的に下の女の子のほうが言葉の習得が早いです。それは男女差や個人差ももちろんあると思いますが、沈黙の時間がないぐらい、お兄ちゃんとお母さんの会話を聞いているので、やはり浴びせられる言葉の数も違うのかな。という気はしています。また、これまた個人差もあると思いますが、言葉の発達の早い下の子のほうが情緒が安定しているという感じはします。(これからどうなるかは分かりませんが)

とは言え、反応があまり良くわからない子に一人で話しかけるのは、やっぱり虚しいような気もしますが、そんな時は絵本の出番ではないか!!とも思います。
それについては、また後日。

ことばの発達

今日、ブックスタートボランティア養成講座の2回めに出席してきました。今回は、想定外の子供同伴。どーしても、保育園に行きたくないそうで。運動会練習の間、なんとか頑張って行ったので、「お母さんの言うことを聞く」と「明日は絶対行く」を条件に甘えを受け入れました。

そんな講座受講でしたが、とっても勉強になりました。今回は岡崎市の保健部の方がいらっしゃって子供の発達についてお話いただきました。その中で、今現在子育てを頑張っているお母さんの役に立ちそうなことを今日は書きたいと思います。

「ことば」を発するようになるのに、いちばん大切なことは「相手に伝えたいという気持ち」

というお話。今回はこれが一番私の印象に残りました。身体の機能として、耳が聞こえること、発音ができること。それはもちろん必要です。でも、周りにいる大人に伝えたい!と思わないと赤ちゃんは伝えないそうです。いわれてみれば、私だって聞いていない相手にはもう二度とはなしませんが。

もちろん、はじめから赤ちゃんはしっかりと言葉を話せるわけではないので、身振りや「あー」「うー」で何かを伝えてきます。その時に、「お茶がほしいのね。」「いたかったのね」など、気持ちを代弁してあげること、そして「教えてくれてありがとう。」と伝えてあげること。こういうことが、とっても大事。だそうです。そうすると、赤ちゃんの方も、「よし!がんばって次も伝えてみよう!」という意欲が湧くのだそう。

なんとなく、無意識でやっていましたが、赤ちゃんの立場に立てばそのとおりですよね。7ヶ月頃から一般的には喃語も出てきて、あかちゃんは伝えようとしてきます。ママにとってはまだまだ赤ちゃんの時期だけど、もうすでに「褒められると嬉しい!」という情緒は発達してきているのです。

私も含め、はじめての子育ては本当に宇宙人を育てているようなもの。「言ってくれたら分かるのにー!」と新生児に向って私も思っていました。しかし、言えるようになっても真意はやっぱりわからない。母業はおそらく一生修行です。みなさん、一緒に頑張りましょうね。

下の子って…

母が、兄の運動会練習にハラハラしている間、淡々と日々を過ごす下の娘。兄が風邪をひいてもちっともうつらず、一人登園。

体も大きく、精神的にも安定している?ようで、園でも問題なく色々こなしているようです。

運動会も、手も心も息子でいっぱいでしたが、そんな中娘は、かけっこで一位!


母としては、「手がかからず助かる」の一言。しかし、いつか反乱があるのでは?!と心配もあるのです。

また、私は長女で弟しかいません。いわゆる「妹」の気持ちがまったく分からない。まさにミステリーです。

だからこそ、これからしっかり対話をして彼女の気持ちも少しづつ理解できるようになりたいと思います。

やりきったという自信

練習に途中でめげそうになったり、毎日疲れて帰ってきたり、本人はもちろんですが、母も精神的になかなか大変だったここ1カ月の運動会の練習。

今日、無事に終わりました。

鼓隊、ダンス、かけっこ、親子競技、そしてリレー。へとへとになりながらもやりきり、どれも本人なりに練習の成果を発揮できたようで、母は一安心。

もっとウルウル来るかと思っていたけど、ハラハラのが大きかったなあ。笑



練習がハードになったり、いつもと違う「予行練習」だったりするたびに、登園が辛くなる息子を見て、私は「小学校に行ってもこうだったら…」と不安にもなりました。でもどうにか乗り越え本番はウキウキ。

こうやって少しづつ成長していくんですね。息子も母も。

仕事の忙しさも重なり、充分に寄り添えたのか?そんな思いもありますが、とりかく、やり遂げられて良かったー!

次は生活発表会。しばし休み、また親子で次の課題に向かいます。

お祭りごはん

今日はおまつり。

お神輿はもちろん、叔母さんはお寿司づくり。食いしん坊はそのお手伝い。


おあげの中にごはんを詰めてますが、時折口の中へ。

それがまた美味しいよね〜〜。

私は面倒でやりませんが、こういう行事のご飯を作れる体験は中々楽しいものです。昔はみんなこうして、作っていたんですよね。

もう少し、私に余裕ができたらできるかしら…