おすすめ絵本「はやくおむかえこないかな」

図書館で借りた一冊。


3歳の娘に大ヒット!毎日の保育園での彼女の思いに通じるものがあったのでしょうか。

最後の、ママがおむかえにきて、名前を呼んで抱きしめるシーンを再現したがり、読むたびに即興劇をやっています。

一方、5歳の息子には幼稚?なのかあまり寄ってきません。

お子さんとスキンシップしたい時におすすめの一冊です。

広告

ことばの発達2

「なるべくたくさんの言葉を浴びせたほうが、発達にはいい。」

なんとなく、その程度の知識はみなさん聞いたことがあるとは思いますが、そもそもいつどんな言葉をはなしたらいいんだ?と、私は思っていました。子供を抱っこしながら、話もしない子に、一人で「ちょうちょだねー。」と言っていることに少し虚しささえ感じていたような…笑

昨日の研修で、そんな私がもう一つ私がなるほど!と思ったこと。それは

名詞と動詞をつなげた2文語でその状況を表現してあげるといい。

というお話。犬がいたら、「いぬ」と言えば、そうかあれは犬というんだ!ということを10ヶ月ぐらいから理解はし始めるそうです。その頃からは、「犬が来るね。」「犬がいるね。」「犬が行っちゃったね。」とその言葉からさらに、状況を示すような言葉に広げていってあげると、単語からやがて2文語を話すことに広がっていきやすいそうです。身近に起きている体験を、言葉にしてあげることが、ことばの習得にはとても効果的だそう。

別に、早くから言葉が話せることがいいこと。とか、優秀である。ということは全然ないと思いますが、

1歳半ぐらいから2歳の、いろいろ自我は芽生え始めているんだけど、その思いが上手く伝えられなくて癇癪を起こす→お母さんもストレスが溜まる。

という状況は、意思疎通が図れることで本人も伝えられない!というストレスから開放されて楽になるし、お母さんもわが子の伝えたいことがわかり楽になるということがある気もします。今は、ベビーサインなどもあり、言葉だけが伝える手段ではありませんが、「ことば」ってやっぱり便利な道具なので上手に使えるといいですよね。

よく、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子のが言葉は早い。と言われますが、うちも、上の男の子より圧倒的に下の女の子のほうが言葉の習得が早いです。それは男女差や個人差ももちろんあると思いますが、沈黙の時間がないぐらい、お兄ちゃんとお母さんの会話を聞いているので、やはり浴びせられる言葉の数も違うのかな。という気はしています。また、これまた個人差もあると思いますが、言葉の発達の早い下の子のほうが情緒が安定しているという感じはします。(これからどうなるかは分かりませんが)

とは言え、反応があまり良くわからない子に一人で話しかけるのは、やっぱり虚しいような気もしますが、そんな時は絵本の出番ではないか!!とも思います。
それについては、また後日。

ことばの発達

今日、ブックスタートボランティア養成講座の2回めに出席してきました。今回は、想定外の子供同伴。どーしても、保育園に行きたくないそうで。運動会練習の間、なんとか頑張って行ったので、「お母さんの言うことを聞く」と「明日は絶対行く」を条件に甘えを受け入れました。

そんな講座受講でしたが、とっても勉強になりました。今回は岡崎市の保健部の方がいらっしゃって子供の発達についてお話いただきました。その中で、今現在子育てを頑張っているお母さんの役に立ちそうなことを今日は書きたいと思います。

「ことば」を発するようになるのに、いちばん大切なことは「相手に伝えたいという気持ち」

というお話。今回はこれが一番私の印象に残りました。身体の機能として、耳が聞こえること、発音ができること。それはもちろん必要です。でも、周りにいる大人に伝えたい!と思わないと赤ちゃんは伝えないそうです。いわれてみれば、私だって聞いていない相手にはもう二度とはなしませんが。

もちろん、はじめから赤ちゃんはしっかりと言葉を話せるわけではないので、身振りや「あー」「うー」で何かを伝えてきます。その時に、「お茶がほしいのね。」「いたかったのね」など、気持ちを代弁してあげること、そして「教えてくれてありがとう。」と伝えてあげること。こういうことが、とっても大事。だそうです。そうすると、赤ちゃんの方も、「よし!がんばって次も伝えてみよう!」という意欲が湧くのだそう。

なんとなく、無意識でやっていましたが、赤ちゃんの立場に立てばそのとおりですよね。7ヶ月頃から一般的には喃語も出てきて、あかちゃんは伝えようとしてきます。ママにとってはまだまだ赤ちゃんの時期だけど、もうすでに「褒められると嬉しい!」という情緒は発達してきているのです。

私も含め、はじめての子育ては本当に宇宙人を育てているようなもの。「言ってくれたら分かるのにー!」と新生児に向って私も思っていました。しかし、言えるようになっても真意はやっぱりわからない。母業はおそらく一生修行です。みなさん、一緒に頑張りましょうね。

下の子って…

母が、兄の運動会練習にハラハラしている間、淡々と日々を過ごす下の娘。兄が風邪をひいてもちっともうつらず、一人登園。

体も大きく、精神的にも安定している?ようで、園でも問題なく色々こなしているようです。

運動会も、手も心も息子でいっぱいでしたが、そんな中娘は、かけっこで一位!


母としては、「手がかからず助かる」の一言。しかし、いつか反乱があるのでは?!と心配もあるのです。

また、私は長女で弟しかいません。いわゆる「妹」の気持ちがまったく分からない。まさにミステリーです。

だからこそ、これからしっかり対話をして彼女の気持ちも少しづつ理解できるようになりたいと思います。

やりきったという自信

練習に途中でめげそうになったり、毎日疲れて帰ってきたり、本人はもちろんですが、母も精神的になかなか大変だったここ1カ月の運動会の練習。

今日、無事に終わりました。

鼓隊、ダンス、かけっこ、親子競技、そしてリレー。へとへとになりながらもやりきり、どれも本人なりに練習の成果を発揮できたようで、母は一安心。

もっとウルウル来るかと思っていたけど、ハラハラのが大きかったなあ。笑



練習がハードになったり、いつもと違う「予行練習」だったりするたびに、登園が辛くなる息子を見て、私は「小学校に行ってもこうだったら…」と不安にもなりました。でもどうにか乗り越え本番はウキウキ。

こうやって少しづつ成長していくんですね。息子も母も。

仕事の忙しさも重なり、充分に寄り添えたのか?そんな思いもありますが、とりかく、やり遂げられて良かったー!

次は生活発表会。しばし休み、また親子で次の課題に向かいます。

お祭りごはん

今日はおまつり。

お神輿はもちろん、叔母さんはお寿司づくり。食いしん坊はそのお手伝い。


おあげの中にごはんを詰めてますが、時折口の中へ。

それがまた美味しいよね〜〜。

私は面倒でやりませんが、こういう行事のご飯を作れる体験は中々楽しいものです。昔はみんなこうして、作っていたんですよね。

もう少し、私に余裕ができたらできるかしら…

ねぶくろシネマ

10月28日19時30分から、籠田公園にて「ねぶくろシネマ」やります!

なんと、無料でベイブが見られます。私は、絶賛準備に奔走中です。今日も、打ち合わせ。


しかし、夕方のためブロックを持ち込み子ども同伴。

打ち合わせが終わると「速やかにお帰り下さい。」と言われてしまいました。笑

詳しくはフェイスブックイベントページへhttps://www.facebook.com/events/190265348183020/?ti=icl

ねぶくろシネマは、MEGURU QURUWA という岡崎市主催イベントの1つとして行なわれます。シネマがはじまるまでの昼間は、DIYワークショップをお楽しみいただけます!

おすすめ絵本「あおくんときいろちゃん」

これは、息子が2歳の時に絵本屋さんで気に入って選んだ1冊。

水色と黄色の抽象的な絵ですが、子どもたちはすごく引き込まれていきます。

大人が見ても、色合いがすごくきれいで私もお気に入りです。

ストーリーとしては、混ざり合って緑になったり、元に戻ったりするのですが、それが、なんとなく「チーム」と「個」それぞれの喜びを表すようで奥深さを感じます。

大人にもおすすめの一冊です。

知らせるって大変だ!

今日は、久しぶりに「ごめん。お母さん、お仕事終わってないから一緒に寝れない。」という日でした。
パパの帰りが早かったこともあり、お風呂と寝かしつけをお願いして私は仕事。

10月、11月のイベントに向けて広報活動が山場です。

チラシのチェック、小冊子の校了、HPの作成、チラシの原稿案作成…

さらに、週末に控えた運動会!父母の会役員のためいろいろと準備が。。そんなわけで頭から湯気が出そうです。

ま、ひとつひとつやっていくしかないね!

イベントは、やるだけなら意外と簡単だと思う。もちろん、準備やら色々あるけれど、それでもまあなんとかなる!いつも一番大変だと思うのは集客。お客さんに来てもらうことだと思うんです。

最近、役所の方や市民活動団体の方ともいろいろとイベントを一緒にやらせていただいて感じるのは、目的がちがうんだなあ。ということ。それぞれいろんな思いや考え方があるけれど、私はたくさんの人に来ていただいて、多くの方に、楽しかった!また来たい!と言ってもらうのが目的。そして、それを続けるためにはあまり赤字じゃ続けられない。そう思っています。

だから、多くの人に開催や、それに至る思いを伝えるのはかなり重要ポイント!そんなわけで、、仕事が増えていく…

IMG_4294

よせばいいのに、直しをいっぱい入れてみたり。

IMG_4300

よせばいいのに特設HP作ってみたり。でも、楽しいんです!どうやったらお客さんが来るのか?思いが伝わるのか?と考えることって。

そんなわけで、もうすぐ「みんなの学校」VOL.7発行します!

10月21日(土)みんなのおとがわ、28日(土)めぐるQURUWA内でねぶくろシネマ、11月12月絵本の世界を体験しよう!、11月18日(土)ファーマーズマーケット出店

などなど、イベントにたくさん参加したり主催したりいたします。詳細をお知らせするための諸々を頑張って準備中です!ご期待下さい!。そして、ぜひぜひご参加下さい。

ひとつひとつのイベントへの想いは、また順番に書いていきたいと思います。