自然から学ぶこと

船から見る満月は最高の美しさでした。

神谷 紀行さんの解説付きで、おとがわをクルーズしながら月を待つ「月待ち会」に参加してきました。夕日に向かって船が進み、戻りながら月の出を見るというツアー。


まずは、夕日に向かって出発!


沈んでからは、しばしマジックアワーを満喫。電車や、鳥の姿も川からみるとまた一味違う姿に見えます。

そして、満を持してお月様の登場です!



今日は、本当にまん丸の大きな大きなお月様!

なんだか、人間の小ささを感じ、大きな月にとってもパワーが貰える気がしました。

こんなに街に灯りが無かった時代には、もっともっと人は明かりを求めて月を待ちわびたことでしょう。少しづつ出てくる月の姿を待ちながら、古来の人の気持ちを少し体感しました。やはり、「自然」の力は偉大です。

うちの子にはまだ少し難しかったようですが、「月が出る」という毎日起きている自然の営みを見つめ、そのパワーを感じ、畏敬の念を持つことはなんとなく「木育」に通じるものを感じました。
人は自然の中で生かされている。その恵みをいただいて生きているんだということを、こども達に気がついてもらえるよう、この「月待ち」を含め、これからもさまざまなアプローチをしていきたいと思います。

そしてもちろん、私も一緒に学び楽しんで生きたいと思います。

投稿者: 石原空子

主人、5歳の息子、3歳の娘と暮らす。一般社団法人じゅうmado岡崎、NPO法人暮らしの教育機構で子育て支援や暮らしの相談対応を行う。趣味は、絵本を読むこと、自然の中で遊ぶこと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。